小梅と小町の梅暦

我が家にやって来たウェルシュ・コーギー・ペンブロークの 『小梅』と『小町』 彼女達の徒然(?!)なる日々を綴ってみました♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

さあ!出かけよう!!近所の山へ!!! ~その2~

やっとのコトで登山道入り口に到着~♪

P2150007.jpg

入り口付近はそれなりに、整備されていました(汗)
思ったより、この付近でトレッキングされている方が多かったので
大丈夫だとは思っていましたけどね~

P2150008.jpg

前回に続いて、遠景ショットを1枚♪この日はやたらと天気が良すぎて
汗ばむ位でした。遠くに長野方面の山々が霞んで見えています。

P2150009.jpg

さあ!登山開始です♪結論から申し上げますと…(またか(汗))
小梅が登山道へ来るまでに、かなり体力を消耗してしまった為、山の中腹付近を
家の方向に向かって、登山道を行くことにしました(泣)
我々もここの山道が初めてだったこともあり、調査を兼ねての結果です(泣)
でも…オチとしては、この判断が正しかったコトが
今回のブログのラストにあります(汗)

P2150010.jpg

最初は小梅&小梅ママが並んで歩いていけたのですが…
だんだん道幅が狭くなり、この周辺特有の岩山の様相を呈してきました。
枯れ葉は滑りやすい上に、岩の部分は歩きにくい…
我々の方が思ったように歩けませんでした(泣)
小梅の方がしっかり歩けていました♪(流石は4本足(←当たり前))

P2150011.jpg

ちょっ…(汗)かなりの急坂が現れました(泣)
自分の運動不足を痛感する一瞬…小梅さん、パワフルに小梅ママを引いて行きます♪

P2150012.jpg

中間地点の広場に到着~『冒険の森』と名付けられた場所。
オリエンテーリングやキャンプに使用出来そうな広場でした。

P2150013.jpg

ヘバリ気味な割りに、テンションは高めな小梅さん。登山道に入ってから
何だか嬉しそうだったなぁ(汗)…今思い返せば。
(しかしネタが古いんじゃないですか?※小梅談)

P2150014.jpg

後半部分からは、アップダウンが激しくなるわ、道幅が更に狭くなり
反対側から人が来たら、ど~やってすれ違うの?と思わんばかりの
道になってきました。登山道に入ってから、40分余りで反対側の
登山道入り口に到着。流石に今回はここで帰宅の途に着きました。
流石に我々もちょっと限界でした(泣)まさかここまでとは…



P2150015.jpg

…で、帰宅後の小梅がコレです(汗)
水をひとしきり飲んだら、いきなり爆睡モード
散歩ではなく、運動量として今回の登山は小梅にとって十分過ぎる
モノだった様です。こんな小梅は初めて見ました。
あの判断は正しかったんですね(汗)

今回出てきた登山道側に駐車場があったので、もし再度挑戦するのであれば
ここまで車で来て、ここから行ってみたいと思います。
(登山道まで家から40分以上歩いて来ましたので…)

小梅さん。今日は本当にお疲れ様でした♪

| おでかけ | 21:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://teamsonicrr326.blog54.fc2.com/tb.php/20-2b0bdb37

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。